コムスンからニチイへ

高額医療費制度とは

引用【iza】

訪問介護最大手、コムスンの事業譲渡で、同社の第三者委員会(堀田力(ほった・つとむ)委員長)は27日、有料老人ホームやグループホームなど施設事業の譲渡先に、介護大手のニチイ学館を選んだと正式に発表した。
 第三者委は、譲渡先候補をニチイや居酒屋チェーン大手のワタミなど6社に絞り込んだ後、最終的にニチイに決めた。堀田委員長は「おおむねすべての都道府県で介護事業をしており、施設事業を受けるのに適している」などと理由を説明した。
 ニチイが昨年末、東京都から業務改善勧告を受けた点については「承継に問題はないと判断した」と述べた。
 ニチイは第三者委に対し、グループホーム運営に必要な人材は十分確保できると説明。また事業所の新規指定が遅れた場合でも、自社で責任を持って施設運営をする方針を伝えているという。
 コムスンとニチイは詰めの協議をし、近く譲渡契約を結ぶ。譲渡時期は11月ごろで、価格は100億〜200億円程度となりそうだ。
 一方、都道府県ごとに分割譲渡する訪問介護など在宅事業について、堀田委員長は9月4日の次回会合で選定したいとの考えを示した。
 施設事業の譲渡対象は、コムスンの有料老人ホーム26カ所と、認知症の要介護者が共同生活するグループホーム183カ所。8月上旬までに52事業者が応募した。
 第三者委はコムスンが全国展開していることなどから、一定以上の企業規模があることや財務力、コンプライアンス(法令順守)態勢などを審査基準に、選定作業を進めていた。

高額医療費制度だけで入院時は大丈夫?A

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

それでは、高額医療費制度の説明の続きをしていきます

一般的に差額ベット代(室料)や入院時の食事代には、高額療養費は適用されません。
個室を希望される方は、すべて自己負担しなければならないというわけです。
ただし、病院側から差額ベット代を請求できるのは、患者さんが希望し、同意書に署名した場合だけです。気をつけましょうね。

今までは、70歳以上の人は、医療費の自己負担割合は、原則1割でした。
しかし、これからはそうはいかないようです。2006年10月から所得が多い人=現役並みの所得がある70歳以上の人は、3割負担に!

まだ1割負担で安心している方も、2008年4月以降は2割負担になる可能性が出てきましたので、よく確認して下さい。
そして、同じく2006年10月から高額療養費の上限額も引き上げられました。

高額医療費制度は、入院時の負担を軽減するサポート的な役割を担っていると思いますが、まかせっきりにはできないのではないでしょうか?
対策としては、入院に備えて毎月貯金をしたり、医療保険の加入を検討してみるのはいかがでしょうか?
医療保険に入る場合には、支払う保険料ともらえる給付金をしっかり比較して選びたいものです。

また、金融・保険に関するセミナーに参加して自ら勉強するのもいいでしょう。
複雑でわからないという方は、ファイナンシャルプランナーに相談するのもいいのではないでしょうか?
不安なく過ごしたいと思えば、社会保障費がかさむ国頼みではなく、これからは自分で備える時代ではないでしょうか?


高額医療費制度だけで入院時は大丈夫?@

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

それでは、高額医療費制度について

入院1日あたりにかかる費用(自己負担額)は、平均1万5200円(2004年生命保険文化センターの調査によると)。皆さんは、この数字をみてどう思われますか?「え〜そんなにかかるの?」ですか?それとも「それぐらいかかるでしょうね」でしょうか?

最近、50歳以上のシニアを対象にした医療保険が増えていますが、入院の備えとして何かしていますか?
「そのために、高額医療費制度があるのだから、利用すればそれで大丈夫!」と考えている方も多いのではないでしょうか?
確かに、この制度は、高額な医療費負担への備えとして、入院時の負担を軽減する方法として、大変有用な制度だと思います。
でも、それだけで本当に大丈夫なのでしょうか?

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

高額医療費について

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

高額医療費に関連してまずは、医療費の説明から

医療費とは病院や診療所で医療にかかった費用です。
日本では保険診療の場合は健康保険から費用が出され現在、原則、3-69歳の患者は医療費の3割、0-2歳の小児は2割(自治体で別途公費補助あり)、70歳以上の高齢者は1割(所得によっては2割)を窓口で支払う仕組みとなっている。
なお、美容整形・歯科矯正など保険対象外の自由診療(保険外診療)の場合は全額患者負担となるから気をつけましょう。

診療報酬の引き下げが続く中、医療機関の経営改善(政策的には医療費抑制)を目的に特定機能病院や一部の民間病院では、既存の出来高払い方式から診断群分類包括評価(DPC)方式を採用している。

先進国最低水準の医療費ではありますが、人口の急速な高齢化に伴い、老人医療費の増加が問題になり、健康保険制度や老人保健制度の見直しが長年議論されているが、政局の影響や各種団体(日本医師会、保険者、企業経営者、労働組合など)の利害が衝突し、抜本的な改革はなかなか進まない状況にあるのが実情です。

また、医療機関の規模の格差による診療報酬の格差の存在や当直制度と診療報酬、労働基準法による矛盾点から救急医療や産科医といった24時間体制をとらないとならない医療制度においての危機が叫ばれています。

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。