高額医療費について

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。

高額医療費に関連してまずは、医療費の説明から

医療費とは病院や診療所で医療にかかった費用です。
日本では保険診療の場合は健康保険から費用が出され現在、原則、3-69歳の患者は医療費の3割、0-2歳の小児は2割(自治体で別途公費補助あり)、70歳以上の高齢者は1割(所得によっては2割)を窓口で支払う仕組みとなっている。
なお、美容整形・歯科矯正など保険対象外の自由診療(保険外診療)の場合は全額患者負担となるから気をつけましょう。

診療報酬の引き下げが続く中、医療機関の経営改善(政策的には医療費抑制)を目的に特定機能病院や一部の民間病院では、既存の出来高払い方式から診断群分類包括評価(DPC)方式を採用している。

先進国最低水準の医療費ではありますが、人口の急速な高齢化に伴い、老人医療費の増加が問題になり、健康保険制度や老人保健制度の見直しが長年議論されているが、政局の影響や各種団体(日本医師会、保険者、企業経営者、労働組合など)の利害が衝突し、抜本的な改革はなかなか進まない状況にあるのが実情です。

また、医療機関の規模の格差による診療報酬の格差の存在や当直制度と診療報酬、労働基準法による矛盾点から救急医療や産科医といった24時間体制をとらないとならない医療制度においての危機が叫ばれています。

高額医療費制度とは、同じ月内に支払った医療費が高額になったときに、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
2年を過ぎると支給されないので、忘れずに申請して下さい。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。